人妻の本当の正体は

正体

現在はもう死語になっているのかもしれませんが、以前は次の様な言葉がよく使用されていました。
例えば「一盗二卑三妾」です。これは、いっとう、にひ、さんめかけと読みますがその意味と言うのは、セックスの時にとても感じるのは、
夫に秘密でその妻と行う事です。そして二番目が雇人や女中とする事になります。例えば秋葉原にあるメイドもその類に入るかもしれません。
また三番目は妾になれます。これは現在のセフレに該当するのかもしれませんね。

当然セックスと言うのは逆援助交際サイトの人妻がいいと思います。けれどもどうしてこの様な人妻が人気があるのか、それを見ていきたいと思います。

前述の言葉になりますが、やはり秘密のセックスがいのかもしれませんね。これには罪悪感があるのかもしれません。要するに
とても大切な妻を奪うのは夫にも悪いので気付かれない内に早くしてしまおう、それがまた気持ちがいいのかもしれませんね。
この様な状態で行う方が燃えるのかもしれませんね。そこはいろいろとあるのかもしれません。

また以前は姦通剤と言いう罪がありました。不倫をすると女性は大罪になっていました。しかしその様な中で別の逆援助交際サイトの男性とセックスをすると言う事は
また何か特別な愛情をその男性に持っていたのかもしれませんね。またその時の快感がとても良かったのかもしれません。

この様に人妻とセックスをするのがとてもいいとされる理由は、人妻が本来持っている欲情なのかもしれません。それは快楽を追及していく欲なのかも
しれません。要するにさらに気持ちのいい事をしてみたいと言う事なのかもしれませんね。

または性の解放と言えるかもしれません。今まで何かで抑制されていたものを解放する。またたまっていた物を外部に放出すると言った感じかも
しれません。それによってセックスが大胆なものになっていくのかもしれませんね。またもっと揉んで、また突いてなどとその要求も過剰
になっていくのかもしれませんね。

それが人妻なのかもしれません。その様な状態が興奮するのかしれませんね。これは未婚である若い女性では無理かもしれません。

この様に人妻と言うのは他の方にはない何かを持っているのかもしれませんね。その姿がまた魅力的なのかもしれませんね。
この様な人妻と接するのも楽しいかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ